絵本の買取におすすめしたいお店まとめ

売るときに後悔しない方法を検証!

ガーデンブックスの評判・口コミを調査!どんな人におすすめの店舗?

絵本や児童書の買取を専門とするガーデンブックスの評判を、ユーザーからの口コミなどを参考に調べました。
利用するうえでのメリット・デメリットもまとめたので、ガーデンブックスで絵本を売ろうか検討中の方はぜひ一読してみてください。

ガーデンブックスの店舗の特徴は?

ガーデンブックスのサービス内容

ガーデンブックスは、絵本や図鑑、児童書を専門に取り扱う宅配買取サービスです。

書籍の宅配買取店の中では、それほど名前が知れているわけではありませんが、買取した本の累計販売数は約18万冊となっているうえに、お客様満足度も98.2%を達成しています。

送料無料の条件は商品30点以上と、少々ハードルは高めですが、絵本に限らず、図鑑や幼児DVD、学習・歴史漫画の買取も行っているため、処分したいものがあればまとめて買取に出すのも良いでしょう。

絵本の査定金額や、値段を付けられなかった商品を保育施設に寄付する『smile for children募金プログラム』という活動もおこなっているため、チャリティーに興味がある方にもおすすめできます。

ガーデンブックスを利用するメリット

ガーデンブックスを使って本を売る一番のメリットは、他店では扱っていないような商品でも買取してくれるという点です。

市販の本屋で販売されている絵本はもちろん、定価400円以下の小型絵本や、幼稚園で配布される月刊絵本、カバーのない絵本でも買取可能となっています。

福音館書店の『こどものとも』『かがくのとも』や、童話館出版の絵本は、状態が良い物なら30円、洋書の絵本なら80円の買取価格を保証をしているのも魅力です。

また、絵本以外にも、ディズニー英語システムや、家庭保育園のような幼児教材・知育玩具、アンパンマン、おかあさんといっしょ、ジブリ、戦隊シリーズといった幼児向けアニメDVDなど、子供向けのアイテムを幅広く扱っています。

HPには高価買取中の商品が掲載されているので、自分が処分したい絵本が対象に含まれていないか一度チェックしてみるのもオススメです。

ガーデンブックスにデメリットはある?

条件を満たせば送料無料で商品を買取に出すことができますが、商品を30点以上送る必要があるので、ガーデンブックスは他店に比べて利用の条件が少し厳しいと言えます。

また、梱包材の提供をしていないため、利用の際は自分でダンボール箱を用意する必要があります。

さらに、書籍の宅配買取店では、返送料を店舗が負担してくれる所も増えていますが、ガーデンブックスは、買取キャンセル時の荷物は全商品着払いで返品されることになっているため、場合によっては返送料で損をしてしまうこともあり得るでしょう。

そのため、買取価格に納得した場合のみ売りたいという方には少々不向きと言えます。

他にも、商品の査定額は総額のみの提示となっており、1冊ごとの買取価格は分からないため、買取価格の内訳を知りたい方はその点も踏まえたうえで利用を検討するようにしましょう。

ガーデンブックスの利用者からの評判

査定額が特別期待できるわけではない

ガーデンブックスの口コミを調べると、「人気の絵本なら高く売れる」「200冊売ったら1万円を超えた」と、好印象を持っている意見もあれば、「50冊も売ったけど1,000円くらいにしかならなかった」「ブックオフの買取価格とそれほどかわらない」など、査定額に対して不満を持っている声もみかけます。

買取に出した絵本によって、当然査定額は異なるため、全体的な買取価格が低いとは言えませんが、人気のある絵本や綺麗な状態の商品以外は、高値が付かないケースの方が多いことを念頭に置いて利用した方が良いでしょう。

マニアックな絵本の処分には使える

買取価格にはそこまで期待できないガーデンブックスですが、カバーを紛失してしまった絵本や、福音館や童話館の本でも買取対象になっているため、他店には買取に出せない本を売るには丁度良いお店と言えます。

多少の汚れや、書き込みがある本でも買取してくれる他、値段が付かないものは無料で引き取り寄付をすることになっているため、「この絵本じゃ売り物にならないかな」と自分では思える本でも一度は査定に出してみることをおすすめします。

また、他店に査定に出したものの、買取拒否されてしまった商品や、値段が付かなかった絵本を処分目的で送るのも良いでしょう。

査定額を重視するなら、他の買取店もチェックしてみるのが有効ですが、他店では売れない絵本や、売り物にならなかった商品の処分に使うには便利なお店です。

自分の目的に合ったお店を選んで、賢く絵本を処分しましょう。

PAGE TOP